裸眼の視力が「1・0未満」の小中学生の割合が過去最悪となったことが22日、
文部科学省の平成29年度学校保健統計調査(速報値)で分かった。小学校は
3年連続、中学校は4年連続で視力が低下。

文科省は「スマートフォンなどの普及で画面を近くで見る機会が増えた影響も
あると考えられる」としている。
一方、虫歯の割合は中高生で過去最低となり、肥満傾向児の割合も長期的な
減少傾向を示した。

文科省によると、視力1・0未満の子供は、幼稚園で4人に1人の24・48%、
小学校で3人に1人の32・46%になり、中学校と高校ではそれぞれ
56・33%、62・30%を占めた。

いずれも統計を始めた昭和54年度から増加傾向が続き、30年前(62年度)の
親世代の割合と比べても小学校で約13ポイント、中学校で約18ポイント上昇した。
また、中高で視力0・3未満の子供は3割前後に上った。
[引用元:産経ニュース 子供の視力さらに低下 小中最悪、スマホ影響も~]

若年層のスマホ老眼が問題になっています。

視力矯正を行っている人が6割と言われ、子供から大人まで眼に多少の
不安があるのが日本人の特徴とされています。

小さい頃からゲームの使用頻度が多く、近年は小学生以下でもスマホを
使用する時間が長時間になったのが視力低下の原因の一つになっています。

目は近くを見たり遠くを見たり、眼球を動かしたりしている時は眼筋全体が
使われている状態なので健康的と言えます。

しかし、ゲームやスマホ、パソコンを使う場合は近距離を凝視し眼球も
大きく動かさないので、眼筋がこった状態になってしまいます。

当店が扱っているアイトレは、特殊低周波により、この眼筋をほぐす
働きがあるので、眼筋の働きを回復させるサポート器具です。
こういった機器を使い、使い過ぎて疲れた目をケアするのは必要ですね。

スーパードクターと学ぶ 一生よく見える目になろう ― 今すぐ正しい習慣と最新知識を