◎仕事の疲れは「目」に出る?!

仕事の疲れというと肩こりや腰痛を思い浮かべる⼈も多いかもしれませんが、
実は「目」に疲れを感じる⼈が圧倒的に多数という調査結果があります。

疲れを感じる部位

肩や腰を⼤幅に上回り、半数近くの⼈が⽬に疲れを感じているそうです。
どんな職種でも、⽬を使わない仕事はありません。

デスクワークであればパソコンのディスプレイを⻑時間⾒続けるでしょうし、
ドライバーであれば安全に気を配りつつ前⽅を注視し続けなければいけません。

繁忙期ともなればどの仕事でも眼の疲労はさらに溜まり、こわばりや痛み、
かすみなどを感じたことのある⼈は少なくないでしょう。

疲労感を解消し、業務を効率よくこなしていくには「目の疲れ」に着⽬した
ケアを職場でもっと頻繁に行う必要があると言えます。

◎眼科の医療費が圧倒的に増加中!

診療科⽬別の医療費の推移を⾒ると眼科は常にプラスとなっており、
特に平成23年度は最も⾼い推移となっています。

医療費の推移

眼科の1施設あたりの医療費は平成25年度で1億348万円となっており、
整形外科の1億2,613万円に次ぐ⾦額になっているんです。

今後ますます、⽬の不調が社会問題化する恐れも考えられるのです。

ファンケル FANCL 機能性表示食品 手元のピント調整力に強い味方『えんきん』